個人年金ってどんな保険?

個人年金とは?

個人年金とは、生命保険の一種で、国民年金・厚生年金・共済年金などの公的年金とは別に保険会社などと私的に契約する年金保険のことをいいます。

老後の生活費の不足分を補ったり、長生きした場合の経済的リスクに備えるための保険です。

年金受け取り期間はいつからいつまで?

契約者からお預かりした保険料は積立金として保険会社が運用し、契約時に定めた時期を迎えると年金の受け取りが始まります。個人年金の受け取り方は「一定期間受け取れるタイプ」「一生涯受け取れるタイプ」の2つのタイプに大別できます。ご自身のライフプランに合わせて受け取り方を選びましょう。

一定期間受け取れるタイプ(確定年金など)
  • あらかじめ決められた一定期間、年金が受け取れます。例えば「60歳でリタイア後、公的年金の受け取りが始まる65歳までのつなぎの年金を準備したい」という場合には、『年金受取開始60歳の5年確定年金』にすると、60歳~64歳までの5年間年金を受け取れます。
  • 年金を受け取っている期間中に被保険者がお亡くなりになっても、確定年金の場合、ご遺族が残りの年金相当額を受け取ることができます。
一生涯受け取れるタイプ(終身年金など)
  • 被保険者が生きている間はずっと(一生涯)年金が受け取れます。例えば「65歳から受け取りが始まる公的年金への上乗せ年金を準備したい」という場合には、『年金受取開始65歳の終身年金』にすると、65歳から被保険者がお亡くなりになるまで年金を受け取れます。
  • 年金を受け取っている期間中に万一、被保険者がお亡くなりになった場合でも、年金受け取り開始から一定期間(保証期間)内であれば、ご遺族が残りの保証期間分の年金相当額を受け取ることができるものもあります。

年金額はどれくらい?

個人年金の実際の受け取り額は預け入れた保険料額などに応じて人それぞれですが、契約時に一定の利率などをもとに年金額が決まる「定額個人年金保険」と、据置期間(契約日から年金受取が開始する日の前日までの期間)中の運用実績によって将来の年金額が決まる「変額個人年金保険」があります。

定額個人年金保険と変額個人年金保険の主な特徴
  定額個人年金 変額個人年金
年金額
  • 契約時に将来受け取る年金額などがわかりますので、セカンドライフの生活設計が立てやすいです。
  • 外貨建ての商品の場合、年金や死亡保険金等を契約通貨以外へ換算する際に為替相場の影響を受け、為替差損(差益)が発生するリスクがあります。
  • 将来の年金原資となる積立金は運用実績によって変動しますので、契約時点では将来受け取る年金額はわかりません。
  • 運用実績が思わしくないときも、年金原資額等は払い込んだ保険料が最低保証される機能がついた商品もあります。
運用
  • 契約時に定められた利率などが保証された一般勘定で安全性を重視して運用されます。
  • 契約時の利率で固定されるタイプの商品の場合、据置期間中に物価の上昇(インフレ)があっても対応しきれない場合があります。
  • 国内外の株式や債券などからなる特別勘定で運用するので、物価の上昇(インフレ)対策としても期待がもてます。
  • 投資リスクは契約者が負いますので、運用成果によっては積立金額が払い込んだ保険料を下回る(=含み損がでる)場合があります。
死亡保障
  • 年金受取開始前に万一、被保険者がお亡くなりになった場合にはそれまでに払い込んだ保険料に応じた死亡保険金等が支払われます。
  • 年金受取開始前に万一、被保険者がお亡くなりになった場合には死亡保険金等が支払われます。
  • 商品の中には運用実績が思わしくないときも、死亡保険金等は払い込んだ保険料が最低保証される機能がついています。
解約
  • 契約後一定期間内に解約された場合の解約返戻金は、払い込んだ保険料相当額を下回る場合があります。
  • 一般的に解約返戻金に最低保証はありません。

※ 上記は定額個人年金と変額個人年金の一般的な特徴を説明したものであり、商品によって内容は異なります。

個人年金の検討にあたっては

個人年金は、セカンドライフを迎えたときに経済的な安定とゆとりを提供する商品です。公的な年金の上乗せとして検討される方も多くいます。

ただし、契約をしてから年金の受け取り完了まで長いお付き合いとなる商品ですから、個人年金を検討する際に不明な点がある場合はそのままにせず、個人年金を取り扱う金融機関の担当者に聞き、ご自身が納得のいくライフプランを設計しましょう。

~ゆとりあるシニアライフの実現のために~ おすすめの個人年金はこちら

資料のご請求や商品の内容についてのご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。 ソニーライフ・エイゴン生命 お客さまサービスセンター 通話料無料 0120-966-066 受付時間:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)9:00~17:30

個人年金保険に関するご留意事項

当ページは、一般的な個人年金保険に関する情報提供を目的としたものであり、生命保険契約の募集および勧誘を目的としたものではありません。

個人年金保険のリスクについて
  • 変額個人年金保険(変額保険)は、特別勘定の運用実績に基づき、積立金額、年金額、死亡給付金額および解約返戻金額などが変動しますので、運用実績によっては積立金額、解約返戻金額などが払込保険料の総額を下回ることがあります。
  • 外貨建て個人年金保険は、死亡保険金、解約返戻金、年金等を契約通貨以外へ換算する際に、為替相場の変動により払込保険料の総額を下回ることがあります。
  • 市場価格調整(MVA)が適用される個人年金保険の場合、解約返戻金等の受け取りの際に、市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約返戻金額等に反映されます。解約時の市場金利が契約時と比較して上昇した場合には、解約返戻金額等は減少し、逆に、下落した場合には増加することがありますので、市場金利の変動により解約返戻金等が払込保険料の総額を下回ることがあります。
  • お客さまにご負担いただく費用について

    個人年金保険は、契約締結時にかかる費用、契約の維持管理にかかる費用、運用に関する費用等がかかる場合があります。また、契約の解約または一部解約時には、各商品所定の解約控除をご負担いただく場合があります。商品によってご負担いただく費用の項目、費用割合等が異なりますので、詳細については商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)等をご確認ください。

    個人年金保険のご検討にあたって

    ご契約の検討にあたっては、ご契約前に契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)を必ずお読みいただき、十分に内容を確認・ご了解のうえ、お申込みいただきますようお願いいたします。商品の詳細については、商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)、ご契約のしおり・約款、特別勘定のしおり等をご確認ください。

ページの先頭へ戻る


ソニーライフ・エイゴン生命保険株式会社

© 2017 AEGON Sony Life Insurance Co.,Ltd. All Rights Reserved.