ダブルアカウントⅢ  資産配分比率(据置期間15年)

ご確認されたい基本部分の据置期間を選択してください。

特別勘定名称 積極運用資産比率 安定運用資産比率

資産配分比率のお知らせ(PDF)を見る

資産配分比率の推移をご確認いただけます。期間を選択してください。

~
※日付は"/(スラッシュ)"区切りで、存在する日付をご入力ください。(例:2013/05/01)

※開始日は終了日より過去の日付を選択してください。

※指定された期間にデータが存在しません。
選択した期間の グラフを表示する CSVファイルをダウンロードする

※任意期間指定を選択されている場合、CSVダウンロードはご利用いただけません。

表示期間

別の期間を選択する

  • ご契約いただいた据置期間によって、基本部分の特別勘定は異なります。
  • 販売会社によって、取り扱う据置期間が異なります。
  • この商品の特別勘定(基本部分)が主な投資対象とする投資信託は、運用資産を、「積極運用資産」と「安定運用資産」に区分し、各資産への配分比率については、「積極運用資産」のボラティリティ(変動率)に基づき計算します。
  • 資産配分比率は小数第3位を四捨五入した数値を表示しています。
  • 資産配分比率は原則として毎営業日に見直しを行います。
  • 特別勘定資産の評価額は日々変動し、また、特別勘定は投資信託のほかに保険契約の解約や積立金の移転に備えて、一定の現預金等の資産を保有していること等から、特別勘定の実際の資産構成は算出された資産配分比率(積極運用資産・安定運用資産の配分比率)と一致するものではありません。なお、資産配分比率は参考値であり、その正確性を保証するものではありません。
  • 特別勘定についての詳細は、「特別勘定のしおり」をご確認ください。
  • これらの情報を、第三者への提供目的で加工、再利用および再配信することは固く禁じます。
  • 資産配分比率の表示は本Webサイトのメンテナンス等により予告なく中断する場合があります。

投資信託(ファンド)の特徴

  • 価格変動リスクの調整
    安定的な運用成果の確保を目指して、価格変動のリスクを一定に保つよう「積極運用資産」と「安定運用資産」の配分比率を調整するしくみがあります。

    価格変動が小さいとき 積極運用資産のボラティリティの小さいときは積極運用資産の配分比率を大きく(安定運用資産の配分比率を小さく)します。 価格変動が大きいとき 積極運用資産のボラティリティの大きいときは安定運用資産の配分比率を大きく(積極運用資産の配分比率を小さく)します。

    ※ ボラティリティとは、株式や債券等の値動きに基づいて計算される、価格変動の大きさを表す変動率をいいます。

Get Adobe® Reader®

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®(無償)が必要です。
Adobe® Reader®のダウンロード新規ウィンドウが開きます

ページの先頭へ戻る


ソニーライフ・エイゴン生命保険株式会社

© 2017 AEGON Sony Life Insurance Co.,Ltd. All Rights Reserved.